毛越寺 曲水の宴 2


毛越寺

風景の写真・祭り・神事・行事・毛越寺 曲水の宴 2 [ 1-1 ]

撮影場所 毛越寺

撮影日 2024/05/26 11:15:00

カメラ NIKON D810

レンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

毛越寺の大泉が池は、日本最古の作庭書「作庭記」の思想や技法を今に伝える貴重な庭園です。平安時代に造られ、800年以上の歴史を持つ浄土庭園として知られています。清らかな水と自然を模した石組み、四季折々の樹木が美しさを保ち、特に中島や紅葉の景色が見どころです。国の特別史跡および特別名勝に指定され、その文化的価値は高く評価されています。


 

大泉が池は東西180メートル、南北90メートルの広さで、橋の遺構も残り、平安時代の優美な造園の形状を伝えています。その歴史的背景と美しい景観で多くの訪問者を魅了し続け、現代でも日本庭園の美を伝える場所となっています。訪れる人々は、平安時代に思いを馳せながら、静寂と美の中で心を落ち着かせることができます。


本堂


風景の写真・祭り・神事・行事・毛越寺 曲水の宴 2 [ 1-2 ]

撮影日 2024/05/26 11:27:05

カメラ NIKON D810

レンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

風景の写真・祭り・神事・行事・毛越寺 曲水の宴 2 [ 1-3 ]

撮影日 2024/05/26 11:48:29

カメラ NIKON D810

レンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR


 

毛越寺の本堂は、1989年に再建されたものであり、その設計には12世紀の日本の仏教建築の技術が用いられています。中央には本尊として薬師如来の像が安置されています。この薬師如来像は平安時代に作られたものであり、その両側には日光菩薩と月光菩薩の二体の菩薩が並んで立っています。本堂はまた、平安時代の優美な作庭造園の形状を今に伝える貴重な遺構でもあり、日本庭園の歴史においても非常に重要な位置を占めています。



本堂参拝

風景の写真・祭り・神事・行事・毛越寺 曲水の宴 2 [ 2-1 ]

撮影場所 毛越寺

撮影日 2024/05/26 12:16:19

カメラ NIKON D810

レンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

毛越寺の曲水の宴は、平安時代の雅な歌遊びを再現したイベントで、毎年5月の第4日曜日に開催されます。この催しでは、庭園の遣水(やりみず)に盃を浮かべ、その流れに合わせて和歌を詠むという伝統的な遊びが行われます。

 



風景の写真・祭り・神事・行事・毛越寺 曲水の宴 2 [ 2-2 ]

撮影日 2024/05/26 12:23:00

カメラ NIKON D810

レンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

風景の写真・祭り・神事・行事・毛越寺 曲水の宴 2 [ 2-3 ]

撮影日 2024/05/26 12:43:20

カメラ NIKON D810

レンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II 


 

参加者は、男性は衣冠(いかん)や狩衣(かりぎぬ)、女性は袿(うちぎ)や十二単といった平安時代の装束を纏い、水辺に座って詩を詠みます。イベントの開始には開宴の言葉や歌題披露があり、続いて催馬楽(さいばら)に合わせて若女(じゃくじょ)の舞が奉納されます。その後、盃を乗せた羽觴(うしょう)が遣水に流されると、参加者は歌題に従って和歌を詠み、短冊に記して流れてくる盃を傾けます。イベントの最後には講師が和歌を読み上げ、終宴となります。



龍頭鷁首船