唐松山 護国寺 唐松観音堂 1


風景の写真・唐松山 護国寺 唐松観音堂 1 [ 1-1 ]

撮影日2016/10/27 14:06:57

撮影場所 山形市大字釈迦堂 唐松寺

カメラNIKON D810

レンズ24-120mm f/4 G VR

最上三十三観音の五番札所の唐松観音。

本尊は聖観音、弘法大師の作と伝えられている。

この様な崖の上に長い柱と貫で固定し、床下を支える建築方法を、崖造と言うそうである。


風景の写真・唐松山 護国寺 唐松観音堂 1 [ 1-2 ]

撮影日2016/10/27 14:07:20

カメラNIKON D810

レンズ24-120mm f/4 G VR

伝説のよれば

京都一条殿の息女豊丸姫が観音菩薩より「宝沢村に住む炭焼き藤太と言う者が夫になる人である。」とのお告げを受けた。

お告げ通りこの地に訪れ藤太本人に伝え受けいるられ、二人は夫婦になった。二人の間に生まれた子供の一人が、金売吉次である。その後、家は栄え大富豪なった。姫は、都より訪れる際に、守護仏として持参した1寸8分の金無垢の観音仏を、唐松山の岩窟に安置したのが唐松観音の始まりと伝えられている。

風景の写真・唐松山 護国寺 唐松観音堂 1 [ 1-3 ]

撮影日2016/10/27 14:15:32

カメラNIKON D810

レンズ24-120mm f/4 G VR



風景の写真・唐松山 護国寺 唐松観音堂 1 [ 1-4 ]

撮影日2016/10/27 14:13:06

カメラNIKON D810

レンズ24-120mm f/4 G VR

風景の写真・唐松山 護国寺 唐松観音堂 1 [ 1-5 ]

撮影日2016/10/27 14:13:14

カメラNIKON D810

レンズ24-120mm f/4 G VR